2009年05月21日

Asahi Off(オフ) -Original Ingredienrs-

久しぶりの酒評です。

ポンチャン不在からお酒を飲む量が異常に減りまして、ブログタイトルどおりのことがなかなか・・(>'A`)>

今回はお茶を作っておくのを忘れていて、夕飯で飲み物がない!!!!ってわけで、食呑み用に買ってみました。


2つのoff(オフ)

理由は、スーパーのお酒コーナーで2本も買っていった方がいらっしゃったので、真似てみました。

同じレジになり、かなり気まずかったです(∀`*)ゞ

真似したのバレバレ

アサヒのHP⇒http://www.asahibeer.co.jp/off/index.html

プリン体 85%オフ
糖質   70%オフ

を実現した新ジャンル!

リキュール(発泡酒)@
ACL 3.5%以上4.5%未満

栄養成分(100mg)
 ・エネルギー 26kcal
 ・たんぱく質 0g
 ・脂質 0g
 ・糖質 0.5〜0.9g
 ・食物繊維 1.3g
 ・ナトリウム 0〜8mg
プリンタ体 0.72mg以下


・・・・。

DVC00150.JPG


正直に言いましょう!

うまくない・・・。

だって、苦すぎてさっぱり感がなく、リキュールが強く出すぎちゃっています。クリーミーなのは良かったんですけどね(ε・ω・)з

アサヒさんだと、クールドラフト
(HP⇒http://www.asahibeer.co.jp/cooldraft/products.html
がお気に入りなのですが、第三種はリキュール味をどれだけ抑えれるか!が勝負だと思っています。それが出来れば発泡酒に取って代われるはずなのですが、なかなか難しいんでしょうねぇ。


残念llllll(-_-;)llllll


ちなみにクールドラフトは発泡酒なので比較出来ませんので、気にしないでください。
posted by 青空太郎 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

しゃにむにGO -31巻- -32巻-

ハイスクール・テニス・青春グラフティ

「しゃにむにGO」完結

・赤ちゃんと僕
・いつでもお天気気分
・ニューヨークニューヨーク

と少女漫画ですが、少年漫画のようなストーリが大好きで羅川真理茂さんの作品は欠かさず読んでます。羅川さんの作品って重い話が入っている事が多く、「赤ちゃんと僕」では考えさせられる事も多々ありました。ですが、「しゃにむにGO」は素直な青春ものでしたので気楽に楽しんでいたのですが、ついに完結です。

実は、31巻と32巻同時発売と知らずに32巻だけ買って、ホクホクと電車の中で???と思いながら読み、帰り道の本屋で31巻を買ったアホです。

同時発売なんかしらんわ c(`Д´c)






目次 31巻と32巻まとめています。
其ノ181 並んだ
其ノ182 モチベーションが上がってくる
其ノ183 決勝戦前
其ノ184 シングルス決勝その1 体とギアと心のギア
其ノ185 シングルス決勝その2 それに踏み込みたくない
其ノ186 シングルス決勝その3 二人はライバル
其ノ187 シングルス決勝その4 ひきずられるな!
其ノ188 シングルス決勝その5 コートの中の気持ち
其ノ189 シングルス決勝その6 俺と留宇衣
其ノ190 シングルス決勝その7 ゾーン
其ノ191 シングルス決勝その8 ナイスファイト
其ノ192 ENDING


滝田留宇衣と伊出延久とのインターハイ決勝前〜インターハイ決勝、そしてエピローグでございます。完結だから、過去のライバルから何まで勢ぞろいです。結構忘れておりまして、ついつい過去の巻を取り出して確認した人物も多々。

高津平太や浅野卓生なんで完璧に忘れていて、誰だ?????

元ライバルっと・・・・人間は忘れる生き物や(δ´ω`)カユイ

完結って事で、色々なことに決着が着きます。留宇衣と留宇衣の両親との確執、延久と留宇衣との関係、そして二人の恋!

○留宇衣 − 摩子

決勝戦中に集中力を失った留宇衣。それを救ったのはお見合いに行っているはずの摩子でした。
「何やってんだか・・・ほんとに・・・馬鹿だようなあ」
「昔から・・・ジュニアの試合にあの子はいた。応援席にいるのが当たり前の光景だった」
「うん 落ち着いた」

なんだかんだ言っても、大好きだったようです。留宇衣はツンデレですから!
「長い・・長い間 随分長い間 この子はいた」
「いつもいたから、君がいないのって変だよ」
「他の男を見ても面白くないんでしょ」

生かす殺さず、囲われた摩子ちゃんでした。

○延久 − ひなこ

決勝戦直前
「あたしを彼女にしてください」

ひなこからの告白に
「なんで?なんで!?俺が告ってひなこさんに「イエス」って言われるのが希望だったのに。言っちゃう?言っちゃった!?」
「チームメイトとしてじゃなくて、恋人として応援してください」

(ねぇ、ひなこさん。ひなこさんの言葉で俺は何だって出来るように思えてくる。周りは「恋のひとつくらいで」なんて、馬鹿にするか?でもいいや。モチベーション マックス アゲアゲダーっっ!!


延久最強モードになります。しっかし、ひなこから告白するとは思っていなかったなー。駿くんとの決着が着いたことで素直になったと言う事だと思うが。その後、ひなこのキャラはテンション高すぎです。


ただ、エピローグ・・・ひなこは2コマほど、摩子ちゃんは1コマ(最初は居たのにすら。気が付かなかった)・・・

もっと見たかったなぁ、成長した摩子ちゃん


さて、滝田留宇衣と伊出延久のインターハイ決勝の結果は...!

白熱のインターハイ決勝は、本書で確かめてください。

長い間、お疲れさまでした。










posted by 青空太郎 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

28歳貯金ゼロからの考えるお金のこと

お金の事

『そろそろ目をそむけずにそろそろ本気で考えよう』

28歳貯金ゼロから考えるお金のこと
中経出版
発売日:2009-02-26
おすすめ度:4.0


もくじ
プロローグ 想像してほしい
第1章 お金について本気で考えてみる
01 現実から目をそむけるな
02 お金は、人を幸福にすることで得られる対価
03 金儲けは悪いことなのか
04 このままではいけない、と思っているだけでは今のまま
05 酒とギャンブルで自己破産寸前だった28歳
06 一生ラットレースに出場し続けるのか?
07 お金持ちになるための「黄金の方程式」を発見
08 まずは支出を大幅にカットせよ
09 タネ銭30万円が1年で1000万円に!
10 1000万円あれば、資産は加速度的に増えていく
11 「お金のストレスフリー」状態を目指せ
第2章 人生の財政会議を開け
01 人生の目的地を決める
02 必要経費はいくらだ?
03 果たして、生涯賃金は2億円で足りるのか?
04 投資という手があるじゃないか
05 人生の目的地に着くためには、「乗り物」が必要
06 現在地を確認せよ
07 マネーレコーディング
08 節約に成功する人はポイントを知っている
09 タバコ・2次会・車をやめる
10 クレジットカードを120%活用せよ
11 お金は使用用途を分けて管理する
12 投資と浪費の区別をつけよ
第3章 習うより慣れろ!まずは実践・投資デビュー
01 ネット証券の口座を作り、情報を集める
02 株は後でお返しがもらえる「人助け」
03 まずは、ミニ株投資で株主気分を味わえ
04 成長予測は、「会社四季報」の数字と日々の生活から感じ取れ
05 株のバーゲンセールを見逃すな
06 若いからこそチャレンジできる、スリリングな恋と大胆な投資
07 日本のお金と外国のお金を交換するだけで儲かる?
08 FXをはじめる前に、心得ておきたい注意点
09 「PDCAサイクル」をチェックして、改善点を見出そう
10 目的地へ到着するまでの「過程」を大切にしよう
第4章 分散投資で金持ちへの加速度アップ
01 長く付き合う投資信託
02 投資信託の3大メリット
03 物事の裏側を見よ
04 こんな商品、買ってはいけない
05 トレンドに乗り遅れるな!海外では人気ナンバーワンのETF
06 信託報酬が安い!小額の売買も可能になって魅力倍増
07 長く付き合うならデメリットも問題なし
08 先細りの日本よりも未来ある海外投資を
09 まずは、国内の証券会社で海外投資を
10 投資で失敗する人、成功する人
11 資産を2倍にすり「72の法則」を学べ
第5章 30代の大問題家を買うのか、投資をするのか?
01 「いつかはマイホーム」の罠
02 それでもマイホームが欲しいなら
03 安定して利益を生む、不動産投資のススメ
04 不動産投資のリスクと対処法
05 投資用物件、買うならココに注意せよ
06 不動産投資信託「REIT]とは
07 「REIT」のメリット、デメリット
第6章 もう、お金にために働かない
01 お金のストレスフリーを実現してからが「人生の本番」
02 ストレスフリー後に私が選んだ道
03 我々はお金を稼ぐために頭脳を持ち、お金を使うために心を持っている
04 余剰金は、かっこよく使え
05 あなたはすでに、2億円の資産を手にしている
06 資本主義を120%楽しめ
07 この本を閉じた後、あたなの真価が問われる
あとがき


作者が借金生活から復帰を行うために行った「会計と投資」の勉強のた結果、手に入れた「黄金の方程式」

資産形成=(収入−支出)+(資産×運用利回り)


@収入を増やす
A支出を減らす
B運用利回りを上げる

このように着実に取り組むことこそ、重要なことだと発見します。
そうする事で、まずはタネ銭を作り、資産を増やすことを始める事が出来ます。資産が増えれば「黄金の方程式」のとおり、加速的に資産が増えていくことになるからです。

資産を増やすためには必要なこと

@目標を立てる。
Aどのように進むか決める。

じゃ、現在地を把握しよう「マネーレコーディング」です。詳しい方法は本書を確認して欲しいのですが、「家計簿」とは違う現在の財政状況を把握することが出来ます。

本書は、この手の本では珍しく「クレジットカード」の利用を薦めています。もちろん、ちゃんと管理できる事が前提ですね∩゚∀゚∩
@カードは1枚に集約する
A年会費無料のものを選ぶ
B分割やリボ払いではなく、一括払いにする
C特典やポイントを利用する


お金の使用用途は分けて管理。
「食費」
「光熱費」
「交際費」
「雑費」などに分けて管理します。つまりなくなったら終わり・・・。
つまり、無駄な飲み会に行くと、ご飯ヌキです。

第1章『心構え』〜第2章『基本管理』となり、第3章以降はどうやって増やしていくか?FXや株などの具体的な投資方法が紹介されています。ド素人が投資の事を語る勇気がありませんので、それは本書にてご確認ください。m(_ _)m

最後に
「知識は活用してこそ宝になる」


今日から始めましょう!



ラベル:田口智隆 会計
posted by 青空太郎 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

ファイナンシャルアカデミー 投資フェスティバル2009

昨日、ファイナンシャルアカデミー 投資フェスティバル2009に行ってまいりました。

ココ↓
http://www.f-academy.jp/seminar/2622.html

終わってみての率直な感想は、これ無料でよかったのか?

っと思うくらい素晴らしいセミナーでした。


第1部『人間力と稼ぎ』 和田裕美さん

初めて和田さんの公演を聞きましたので(本を見たことがなく・・)どんな方なのかな?っと。

率直に一言!すっごいカワイイ方でした。

白いワンピースが似合っていたり、容姿的部分だけでなく、とても良い雰囲気を持っている方でした。
これは、二人で話した日には惚れるな〜(∀`*ゞ)エヘヘ
男性だけでなく、女性にもファンがいるのは頷ける、そんな印象でした。

でも、また会いたいなぁ。

冒頭、和田さんからは。このセミナーについて一言。

これは、無料ではない。

会場代はスタッフ代の事ではなく、来場したすべて人々が時間を投資していること。
何か一つでも持って帰って、投資したものを回収してください。っと教えてくれました。

その教えてにのっとり持って帰った事です。

1.チャンスは平等にある。そして、サイコロを振るのは自由だけど、その結果は不平等です。
⇒何でも出来る自由は私達にはあります。それを何度もTRYする自由もあります。でも、その結果は人それぞれです。だったら沢山TRYすれば良いんじゃないかい。サイコロのように運が左右する結果でも何度も実行すれば、その内いい目が出るかもしれない。

2.空気のつくり方
⇒キーワード「笑顔」と「ど〜も」です。それは、人を動かすスキルであり、習得する事は可能。

3.情緒(事実と感動)
⇒情報(事実)だけでは、人は動かない、感動が必要だという事。

4.陽転思考
⇒どんなことでも良かったっと考える事で不幸を幸福に変える事が出来る

5.その他のコトバ
・稼ぎ力=愛され力(コミュニケーション)
・¥(エン)=縁(エン)=応援(エン)
・消費と投資は違う

一番の響いたお言葉『モテたければ、話を聞く事。みんな自分の話を聞いてくれる人が好き』


第2部『今マネー論を学ぶべき時』 細川茂樹さん

カッコよかったですよ〜。司会の女性の方との対談形式で行われたのですが、細川さんのマネー論を色々と聞くことが出来ました。第一部、第三部と経済のプロの方々に挟まれていたのですが、同じ目線でのマネー論はとても参考になりました。しかし!TVに出ている方なので、イメージを優先してコメントは自重!
(本当は色々と書きたい・・・書きたい・・・書きたい・・・)

只ひとつだけ、「細川さんと行く海外の経済を巡るツアー」実現したら行きたいです。


第3部『2009年今、私たちに何が起きているのか』竹中平蔵さん

竹中さんの話って、TVではわかりにくい印象があったのですが、それはTVが悪いんですね。この公演ではとても分かり易く、その話に引き込まれてしまいました。

<世の中のウソ>
・「100年に一度」を良い訳にして、財政・派遣きり等をしているが大恐慌の時代と比べると全然大したことはない。
・アメリカ発の不況といわれているが、それぞれの国でのバブルがアメリカのバブル崩壊と共に連鎖で弾けただけ。
⇒話を要約しているので誤解を受けるかもしれませんが、竹中さんが言われたかった事は、マスコミや政治家の言うこと鵜呑みにせずに自分でちゃんと調査して調べなさいとの事でした。

<今後の日本>
今後は、グローバル化とデジタル革命により、世界はフラット化します。これは選択する・しないのでは無く、現実。だからこそ、常に高い負荷価値を提供していく必要がある。

企業もグローバル化するように政府もグローバル化する必要があり、他の国と切磋琢磨する必要がある事。そして、他国が行っている事を一つ、二つ導入すれば簡単によくなるそうです。

「日本を良くは簡単」

十分にその力がこの国にある事を繰り返し言われていました。

それを実現するためには、政権交代しないとダメだねぇ。生きているうちに政権交代するなんて、早々ないし、一回試して見るのもいいんじゃないかなぁ。

毎回投票率は50%をきっている事を考えると、あっさりとコノ国はひっくり変えれるんだし、まぁ、それでもダメだったら次回の選挙で変えればいいんだから




最後に、日本ファイナンシャルアカデミー株式会社代表の泉正人さんが挨拶されており、いい言葉を

成功するには「学び」「実行」が必要だと。そして、「学び」ながら「実行」している人は成功も早い。


みなさん、お疲れ様でした。( ´・ω・`)_且~~









posted by 青空太郎 at 18:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

L25 -2009.5.14 No.106号-

”モテ”意識していますか?

意識できた事ありません・・・L(・∀・ L) オーイ  (」・∀・)」 オーイ

あと、「モテ期」って知っていますか?

L25アンケート結果より

<男性>53.6% <女性>75.0% に「モテ期」があったというのです。本当かと。
アンケートがR25、L25モバイルのアンケート結果なので、妥当な数字か母数わからず判断できませんが、どちらにしても「モテ期」を感じた人がいるって事は確か!

で、面白いのが、その中で「モテ」るために努力している人は
<男性> 32.7% <女性> 34.5%

なんとパーセンテージが減ります

女性はわかるのですよ。けっして「モテ」る為にお化粧やファッションをしていないだろうから

ただ、男性が減るのはなぜかと。

がんばっている人に結果が出ると思いたかったので、この数字はショック!q(゚д゚ )↓

それとも女性と同じように努力ではなくなっているのかぁ。

アリエヘン。

男性って「モテ」る目的以外でその部分に力を入れると思えないんだけどねぇ。

一番為になったのは、このアンケート

異性にモテるために一番必要な要素って何?

男女で変化が出たのが、4位<女性>表情の豊かさ<男性>話題の豊富さでした。
これって逆に言うと、相手に何を求めているかってことですから、<男性は>表情豊かに感情表現を!、<女性は>話を聞いてあげようってことかな。

最後にモテ力アップ!
「自分が思想とする男性のタイプを明確にします。あとはマーケティングの発想と同じ。自分という商品を効果的にアピール(中略)武器になるキーワードを探してください。そして、服装やメイクなどでそのキーワードを強調しましょう。男性は鈍感なので、わかりやすい演出が有効ですよ」
もう合コンへいくなでも書きましたが、仕事でも恋愛でもちゃんと自分を売り込まないといけない時代になったということですね。

他にもたくさん楽しい記事がありますから、気になった方は駅のホームへGO!

L25 HP⇒http://l25.jp/
L25 配布場所一覧⇒http://l25.jp/index.php/m/WB/a/WB100100/ccd/070/rfg/1

ラベル:L25
posted by 青空太郎 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。