2009年08月20日

千円札は拾うな

キーフレーズ

「残業をため、週休三日にしましょう」


頑張ってもどうにもならないとわかると、人はがむしゃらに頑張るのをやめ「頭を使う」ようになる。そこで必要になるのは「考える時間」である

これはアフター5に予定があった時に似ていて、その時間内で仕事を終わらす方法を考える必要があるからです。最近は仕事量が激減していて、残業自体が発生しにくくなっているのですが、午前中に仕事を終わらすなど、締め切り時間を早め早めにセッティングして、この仕事量に慣れないようにしなければ。。。

千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)

サンマーク出版 2008-08-05
売り上げランキング : 74027
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




人はお金を使うとき、金額そのものではなく、そのお金が持つ歴史に思いを馳(は)せ、その労力と時間に見合った使い方をしようとするのだ。

「血と汗と涙の結晶」と例えられている。キツイ思いをして眠いのを我慢して頑張って手にしたお金を使うと思うと、気が引けて「巣ごもり」状態になってしまうが、その点を重視するのではなく、何に使うか?「効果の高さ」で使い方を決める。

投資先として最も確実なのは、『人材』と『情報』、そして『ブランド』である。

何十倍、何百倍のリターンが期待できるそうです。そんな自分に投資をして、手に入る情報はしっかり共有していくこと。

ビジネスにおける投資は、投資金額が大きくなればなるほど確立の高い勝負ができる。

銀行がお金を貸したいと思われる状態であれば、それを利用して勝率を上げていく。住宅ローン(不動産投資)とかもそうかもね。

自分の人生を納得できるものにするためには、常識や、他人や社会の基準に惑わされない自分自身の「軸」が必要なのである。

答えのないものに対する唯一の回答方法です。「もったいない」「無駄」「贅沢」は、人それぞれ。世間の基準ではなく、自分の「軸」から答えを出しましょう。

人が生きていく上で必要なのは、お金そのものではない。必要なときに必要なお金を作りだすことのできる能力を身につけることである。

お金を稼げる能力を身につけておけば、どんな不況が来ても関係ないですからね。

男というのは本能的に「女性に気に入られること」を目指して努力するようにできている。

目が厳しい女性を回りに集めましょう。こうすれば女性に好かれると思って、モチベーションをアゲアゲするのも有りかな。

私の使う言葉で言うと会社の「売り上げ設計図」を作る事である。

『人材』『情報』『ブランド』も含めた今後どうやっていくのかを決める設計図です。地図もなしに旅をするなという事。ちゃんと目標を設定してお金も収入ベースではなく、生涯収入ベースの大きな視野で投資をしていく事。

リスクと向き合い、自分の価値観も間違えたと思ったら、軌道修正する勇気。自分を変えることが幸せへと繋がるの一歩かと。
タグ:会計
posted by 青空太郎 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

キラークエスチョン 会話は「何を聞くか」で決まる

キーフレーズ

山田玲司。漫画家。恋愛漫画『Bバージン』、SF漫画『ドルフィン・ブレイン』『ゼブラーマン』など・・・

『Bバージン』が大好きでヤンサン&単行本を必ず読んでいました。オタク男が大好きな女の子と付き合うために自己改造をして、オタクの自分と葛藤しながらも大好きな女の子を口説こうとするお話です。そんな作家さんが書いた本。見ないわけにはいきません。

キラークエスチョン (光文社新書)キラークエスチョン (光文社新書)

光文社 2009-08-18
売り上げランキング : 357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



マインドマップ読書感想文@smoothさんの紹介で知りました。このブログよりも何倍もわかりやすく紹介記事になっていますので、まずはsmoothさんの紹介記事をどうぞ。

人と何を話せばいいのかわからない、他人とうまくやれずに損ばかりしている。この本は、そんな人たちを救う一冊になるはずだ。

「何を話すか」ではなく「何を聞くか」

よりよい人間関係を築くために、26のキラークエスチョン。明日から「聞く」をはじめて見ます。

話の広げ方 −基本編ー
・基本は「共感」
・話題を平行移動
・時間軸を入れてみる
・周囲の人の話で
・恋愛話
・他の分野にパスをだす

ひとつの話から、「だったら」「これは」「そしたら」と話が広がっていきます。

いったいどうすれば話やすい雰囲気を作ることができるか?これは「自分が話しやすい人はどんな人か?」を考えればすぐにわかる。

もっともです。イメージしてみました。「笑顔」「目」「相打ち」で話してくれる人は大好きです。

確実なのは、彼が質問上手なことと、その質問が見事に「相手の心に入る」種類のものだということだ。

この項の質問はちょっと意外でした。嫌がるような質問だと思っていたのですが、26のキラークエスチョン中で一番使えると思ったクエスチョンです。

相手に興味がないのに自分の利益のみを考えて質問しても効果はないということである。

普通は気付くのだろうけど、単純バカには気付ける自信がネー( ̄Д ̄;;簡単にヨイショされてそう・・・。

相手を若い女だと思わずに、男友達のひとりだと思って話をすればいいという。

確かに緊張せずに話せると思うのだろうけど、話すだけならいいけど、コレを続けると女の子とは性別を超えた良いお友達になれます。


過去のこと、未来のこと、空想のこと、話の広がるクエスチョンが収録されていて、明日にでも使ってみたくなります。
相手に質問するこで、話が盛り上がり、どんな人なのかわかれば、その人とはもっと仲良くなれるはずです。

最後にこんなクエスチョン

「あなたはなぜ今、このブログを読んでいるのですか?」


posted by 青空太郎 at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

愛こそ「単純に!(シンプリファイ)」でうまくいく

キーフレーズ

それでも、どんなカップルにも、愛という名のドラマがあり、舞台や段階があります。それを私たちは、「愛のステージ」と名づけました。それは、
1.塔
2.テント
3.家
4.暗い森
5.城


それぞれの立場によって何が一番必要かは変わりますが、今の自分に重要なのは「テント=出会い」かな。


愛こそ「単純(シンプリファイ)に!」でうまくいく愛こそ「単純(シンプリファイ)に!」でうまくいく
Werner Tiki K¨ustenmacher

飛鳥新社 2007-10
売り上げランキング : 636541

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




出会いの場
1.職場・・・行動範囲を広げる。
外の仕事をするチャンスを利用しましょう。普段は電話だけで用件を済ませている取引先を一度訪ねてみます。


2.友人・知人関係・・・[×]飲み屋、[×]バカンス、[○]日常的な場所
同姓が少ない集まりを。男性なら、体験教室のグループ、女性ならスポーツクラブなど。

出会いがなくても、新たな自分発見になりそうですね。

3.ネットを通じて・・きちんとしたサイトで、正直にやりましょう。
(注)女性は、安全策(友達に伝えておく、行き場所は自分が決める)などが必要です。

フルリテンの4段階

段階その1 アイコンタクト(目をあわせる)
シングルの女性は、無意識のうちに「不特定多数に向けたサイン」を発します。たった一度、目が合っただけで、相手が自分に関心があるなどと思わないでください。立っている場所を変えて確かめてみましょう。

断れたら
「声をかけなかったら、ずっと後悔すると思ったものですから・・・。お元気で」

誰が見ているかわかりませんからね。感じ良くしておきましょう。

段階その2 最初の一言
「異性を誘うときの言葉は、さりげないに限る。また、無難であればあるほどいい」

あつかましくないように、自然にさりげなくがBEST

段階その3 心細やかな結びつき

あなたは「興味深い人」である必要はないのです。そうではなく、相手に「興味を抱いている人」であるべきなのです。

基準は、3分の1が自分。残りの3分の2は、相手の話を聞く事です。相手に興味を示しながら、決して尋問にならないように質問しましょう。

声は低めに

うるさい場所から静かな場所へ。会話するのに少し近づく必要があるような場所が親密になるヒントです。でも、
「決して付きまとってはならない」


異性を誘うには情熱的なムードよりも感じの良いほめ言葉の方が有効だということです。

容姿だけでなく、興味をもって相手の人となりに気づいた時、さりげなく口にしましょう。

段階その4 身体による共感
ふたりの動きの調和が取れているか、無意識のうちにそろっているかどうかでわかります。同じ周波数に反応したら、互いに良い感情を持っている証拠です。

同じ動作をしていると、親近感がわくっていいますよね。相手もそれを無意識しだしたら、いい感じなんでしょう。


頭の片隅に置いて、素敵な人と出会いたいですねニャハハ(*^▽^*)

posted by 青空太郎 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

2日で人生が変わる「箱」の法則

前作「自分の小さな『箱』から脱出する方法」を読みたかったのだけど、間違って本書を取ってしまいました。

だって、「箱」しか覚えていなったんだもん。

1作目 「自分の小さな『箱』から脱出する方法」



2作目 「2日で人生が変わる『箱』の法則」



お気をつけを。

只、決して後悔しているわけではありません。前作を読んでいないので比較できませんが、こちらもお勧めです。

目次
第1部 心の平和
第2部 平和から闘争へ
第3部 闘争から平和へ
第4部 平和の波及


なぜ、戦争が起きているのですか?
なぜ、犯罪が起きるのですが?
なぜ、ケンカするのですか?
なぜ、あなたはあの人が嫌いなのですか?

それは、あなたが「箱」に入っているからです。

「どこか行きたい」
「どこ行きたい?」
「どこ行くか決めて?」
「ここは?」
「いや」
「こっちは?」
「いやだ。決めてくれなきゃ起きない」
「・・・・・。」

過去のこんな会話がポンチャンとありました。どないすればいいのかと・・。

ちなみに(-"-;A ...

その後、ほって置いたら怒り出しましたとさ。

でも、なぜこうなるか?

それは、「人を物として見ていない」事で、「自分の箱に入ったまま、自己正当化」を行い、彼女を理解できなくなっていたからです。

まず、「なんで俺がこんなに考えているのに、自分勝手な事を言っているのか?」という自己正当化をなくし、「箱」から出なければなりません。

その「箱」は
・「優越」の箱
・「当然」の箱
・「体制」の箱
・「劣等感」の箱
っと、どの箱に自分が入ってるのかを気づく必要があるのです。

その結果、自己正当化をなくし、同じ目線に立つことで『箱』から出る事ができます。

「なぜ、彼女はそんなことを言ったのか?」
「なぜ、彼女は行きたくないといったのか?」

っと、彼女に興味を持ち、理解するしようとする必要が出てくるのです。そうすれば、

・実は前の日から一緒に考えたかったのかもしれない。
・どこにも出たくなかったのかもしれない。

っと、彼女の思いを理解して出来たのかな?


(_TдT) イマサラ キヅイテモ ・・・ イミナシ

posted by 青空太郎 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

なぜ、あなたはその仕事を先送りしてしまうのか?

仕事がピークを迎えていた頃、

 仕事中でも「アレ」やらなきゃ、「コレ」しないと
 「コレ」やるの面倒だなぁ
 電話があったら、出たくないなぁ 

いつもこの様な事を考えて仕事をしていました。集中出来ないゎ、作業の進みも遅くなる一方でした。
そんな状態たっだので、仕事のやり方を変えようとして数々の自己啓発本を読んでみましたが、さほどの変化はなく、その時間を使って仕事した方がいいんじゃないかと思ったほどでした。


自己啓発本の使い方が悪いんじゃないか?と思っていた頃

自己啓発本を読んだのに何も変わらなかったアナタへ

このオビに惹かれました。




目次
第一章 先送りの心理メカニズム
第二章 先送りする人が陥る5つの心理パターン
第三章 行動に移すための3つのステップ
第四章 思考レベルでの取り組み
第五章 感情レベルでの取り組み
第六章 行動レベルでの取り組み
第七章 それでもまだ行動できないあなたへ


行動に移せない心理パターンがあり、それぞれの切り口で考えていく必要があります。
 思考 → 感情 → 行動

つまり
確認ポイント
思考・・・「頭の中では具体的にどうようなことを考えているか」
感情・・・「どうような感情が湧き上がってきているのか」
行動・・・知らず知らずのうちに、もしくはついついやってしまう逃避的な行動

をポイント毎に整理していくことで、行動に繋げていくます。

コレやりたくないなぁっと思った時!
この行動を起こすようにしています。
@各確認ポイントを抜き出し
A各パターンと比較
B何が元にパターンを感じたのか
C何を期待していたのか
を紙に書き出す事で頭の中が整理され、何を気にしているのだかが明確になるのです。
後は、その対策をとっていくだけ。対策方法が本書にあるのですが

私の場合、70%ぐらいにちっちゃな事を気にしているだけなのが分かりました。

・昔、怒られたなぁ
・時間がかかりそうだなぁ
・何で俺がやらなきゃいけないんだ〜

そうワカチコワカチコです。それが解ってしまうとずっと行動に移しやすくなり、先送りがほとんどなくなりました。

中でも一番予定外だったのが、それを習慣付けていくと、「コレやりたくないなぁ」が、だんだん少なくなっていった事です。仕事にえり好みする事無く、仕事に集中できるようになりました。

後は、うまく優先順位をつけて自己目標に近づけるかだねぇ。

ひとつだけ気になっている事。

このご時世。仕事が減ってきたせいかあまりに速く仕事を終えすぎて・・・

( ̄Д ̄;;ヒマ?

っと、他人フォローの仕事が増えていく・・・・。イインデスケドネ
posted by 青空太郎 at 13:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。